世界の珍しい犬7選

犬種

世界の珍しい犬7選

http://www.petpaw.com.au/wp-content/uploads/2015/01/Peruvian-Inca-Orchid-Dog.jpg

世界には、珍しい犬がたくさんいます。
犬好きなら、知っているべき珍しい犬たちを7匹集めてみました。
これで、あなたも犬博士です。

1. スウェーディッシュ・ヴァルフント(Swedish Vallhund)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/03/V%C3%A4stg%C3%B6taspets_hane_5_%C3%A5r.jpg/1200px-V%C3%A4stg%C3%B6taspets_hane_5_%C3%A5r.jpg

原産国:スウェーデン

1,000年以上の歴史があり、スウェーデン語で「ヴァルフント(Vallhund)」は 「羊飼い」という意味で 牧羊犬として飼われていました。

1942年に 絶滅危機に追い込まれたことがあります。
飼い主に忠実で、愛情深く、人の注目を浴びたがる傾向にあります。

エネルギッシュで動き回るのが大好きです。
コーギーと似ていますが、 コーギーとの違いは、毛色が濃いグレーです。

2. ペルービアン・インカ・オーキッド(peruvian Inca Orchid)

http://www.petpaw.com.au/wp-content/uploads/2015/01/Peruvian-Inca-Orchid-Dog.jpg

原産国:ペルー

別名「ムーン・フラワー・ドッグ」と言い、毛のない犬種でとても希少です。
国家遺産として指定されており、6世紀以前、プレインカ時代から

ペルーで飼育され、食用犬から貴族のペットに転身して高貴な犬として愛されてきました。
現在では「神の使いの犬」と呼ばれ、海外では、ペットとして人気があります。

3.カタビュラン(Catalburun)

https://doggiespaws.files.wordpress.com/2015/04/catalburun-main.png

原産国:トルコ

2つに割れたように見える鼻が特徴で臭覚が非常に優れており
臭覚猟に使われていました。

現在、絶滅の危機に陥っているが、愛好家が多く、ペットやショー用の犬として
人気があります。

4. タイ・リッジバック・ドッグ(Thai Ridgeback Dog)

https://bari-goo.com/wp/wp-content/uploads/2016/11/thai_ridgeback_dog.jpg

原産国:タイ

3,000年前には、存在していたらしい古代犬種です。

「ディンゴ」という原始犬に近い犬種だと言われていますが
詳しいことは、分かっていません。

5. ベトリントン・テリア(Bedlington Terrier)

https://www.omlet.co.uk/images/cache/1024/684/Dog-Bedlington_Terrier-The_lovely_coat_of_the_Bedlington_Terrier.jpg

原産国:イギリス

見た目は、子羊のようで、黒目が大きく輝いています。
糸くずのような被毛は、生え変わることがないのでハサミでトリミングします。

一見、おとなしそうに見えますが、興奮すると テリア犬の気質を表します。
ものすごいスピードで走ることができ、闘犬として用いられたことも あります。

6.アザワク(Azawakh)

https://www.omlet.co.uk/breeds/dogs/bedlington_terrier

原産国:マリ共和国(アフリカ)

アフリカのサハラ南部で猟犬や番犬として遊牧民とともに
暮らしてきました。

十分な運動が必要で運動量が多いため均整の取れた体型が
特徴です。

見知らぬ人には、よそよそしいですが、一度心を許した相手には
とことん愛情表現を示します。

7.シュタバイフーン(Stabyhoun)

http://pointingdogblog.blogspot.com/2014/01/breed-of-week-stabyhoun.html

原産国:オランダ

別名「フリージアン ポインター」とも言われ 鳥猟犬種の一種です。

モグラやネズミ、ケナガイタチを捕まえることができ
たまには地中にいる獲物も捉えることがあるらしいです。

農地で見張りを行う番犬として、また、道具を運んだり
荷車を引いたり、実用犬として飼われていました。

現在でもオランダではペットやショードッグ、スポーツ犬として
人気があります。

まとめ

日本では、なかなか見られない犬種ですが、皆さん知っている犬が
ありましたでしょうか?

人間も十人十色なように犬も同じで外見も性格も運動能力も
特徴も違いますね。

それぞれの歴史や特徴を知ることは、とても興味深いです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ