犬がうなる気持ちとやめさせる方法

犬の行動・気持ち

犬がうなる気持ちとやめさせる方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

犬が「うなる」というのは、かみつく前の威嚇の一種であり
犬が自分より見下している時に、唸ります。
どうしてうなるのかを理解し、「うなる」ということをやめさせると
同時にかみつくことを予防する方法をご紹介します。

犬がうなる理由

⒈エサやおもちゃを取られそうになった時

⒉相手より優位であることを知らしめる時

⒊恐怖心から

⒋仲間や子供を守るため

⒌縄張り意識から

⒍ケンカのとき

⒎じゃれ合っているとき

⒏要求を通そうとするとき

⒈ エサやおもちゃを取られそうになったとき

エサやおもちゃを取られると感じたときや
取られそうになったときに

取られたくないので、
うなって威嚇することがあります。

⒉ 相手より優位であることを知らしめるとき

歯をむき出して、耳を立て、毛を逆立てていることもあります。

⒊ 恐怖心から

震えながら、耳を下げ、相手を威嚇しようとします。

⒋ 仲間や子供を守る

散歩中に知らない人が近づいてきたときに、飼い主さんを
守ろうとしてうなることがあります。

また、妊娠中、想像妊娠中、出産後に子供を守ろうとして
うなります。

⒌ 縄張り意識から

外で飼っている犬によく見られますが、郵便配達や宅配業者に
対して縄張りを侵入されたと思い、歯をむき出してうなります。

⒍ ケンカのとき

お互いににらみ合って、うなっています。
メスによくみられます。

⒎じゃれあってるとき

じゃれあってるときの唸りは、ケンカと勘違いしてしまいますが
怒りや恐れがなく、鼻の上にシワを寄せていません。

⒏要求を通そうとして

飼い主さんに、自分の要求を通そうとして、
吠える前にうなり声で威嚇することがあります。

うなりを止めさせるには、、、

うなりを止めさせるために、大きな声で叱ったり
叩いたりしては逆効果です。

愛犬に噛まれてしまうかもしれないですし
叩かれてストレスで病気になる犬もいます。

しかし、うなるという行為は、どんな状況においても
止めさせるべきです。

うなりを止めさせるには、

いつも飼い主さんが主導権を握り
愛犬をコントロールできる立場でなければなりません。

たとえば、

愛犬と遊んでいるときに、犬がやめたいと思う前に
飼い主さんの都合で止めたり、

おもちゃの引っ張り合いをして遊ぶときも、
飼い主さんが勝ったときに切り上げるのがコツです。

「離せ!」「貸して!」などの指示に従わせることは
難しいですが、できたら大げさに褒めてあげる、

ご褒美のおやつをあげることで 「離せ!」の指示に従い
おもちゃを離せば、良いことがあると学習します。

こういうコミュニケーションから、

愛犬に飼い主さんがリーダーであることを
教えていくことにより、「うなる」行為が少なくなっていきます。

まとめ

飼い犬にうなられて、ショックを受ける
飼い主さんの気持ちはよくわかります。

ですが、厳しく叱ったり、叩いたりするのは
よくありません。

暴力や体罰で犬を従わせるのではなく
円滑なコミュニケーションにより、

人間がリーダーであることを伝えていけば、
自然と飼い主にうなることは止めるでしょう。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。